バンクーバー珍道中

バンクーバーでのワーホリ備忘録

買い物の大変さを思い知る木曜日

9/15

睡眠時間8時間

7時起床

~14時半:仕事

~15時半:帰宅

~17時:昼寝

~17時半:夕食

~18時:ILACへ移動

~22時:ILAC

~23時:帰宅

~24時半:ゲーム

24時半就寝

 

今日は大使館にやっとこさ在外選挙の申請を終え、これで後は総領事館からの申請を待つばかり、ただ衆議院選に間に合うかは、まあみんなの愛国心にかかっているといっていいだろう。運が良く投票できればいいな。しかし以前の選挙区に投票しなくていいのは助かる。3年前と同じ人間が選挙に出るなら絵にかいたようなボンクラ議員に投票しないといけないくなるからな。大学で散々遊びまくったあげく女を孕ましてそれを当時議員だった父親の力で揉み消したあげく、父親が急逝してしまったので仕方なくその女と結婚して父親の議席を失わないようにそのバカ息子を担ぎ出して選挙に出馬した、というようなやつが私の以前の選挙区で議席を取った議員だったからな。さすがに呆れたが当時の私の支持政党がそいつしかいなかったのでそいつに投票したが、何とも無駄なことをしてしまったと悔いていた。

今回はそんなこともないといいが、まずは私の新しい選挙区の立候補者を調べないとな。

さて、話が逸れた。今日の買い物だが、雨が降らなかったから良いものの、新しく始まった学校生活に併せて水筒や、それに必要なピッチャー(なんとこいつが7ドルもしやがる)後は純粋に生活必需品に雨が多い秋・冬のバンクーバーに備えての防水性のバッグなんかをどかどか購入。両手が義っちり埋まるほど購入し、それを抱えて家まで戻る、だが駅から家までは時間がかかる。えっちらおっちら運ぶのはいいが、これが雨の日だったらと思うと考えたくもないことだ。両手が塞がってるのにどうやって傘を差すのか、ロロノア・ゾロにでもなれというのか私は? なんにしても信じられん。

これからはこういうことで掛かるストレスにも考えなくてはいけないな、ただ雨でずぶ濡れになりながら冬のバンクーバーを歩いて風邪を引く、という三段落ちにしてもひどいことは避けたい。

昨年の冬は少し体調を崩してしまったので、今年はそういうことを避けていきたいと思う。