バンクーバー珍道中

バンクーバーでのワーホリ備忘録

別冊フレンド 5月号

f:id:JoshuaLyman443:20200425220344j:image

今月号の別冊フレンドはなかなか面白かった、先月はいまいちだったので切るかどうか迷っていたが、とりあえずそれはなくなった。

 


f:id:JoshuaLyman443:20200425220615j:image

午前0時、キスしに来てよ(作・みきもと凜)、さて2ヶ月間探し続けたこの作者の作品の正体が分かった。分かったのは良いんだが最終回直前とか書いてありますよ・・・。「えぇー・・・」と思いながらもとりあえず読んで、やっぱり面白い。特に面白かったのが、


f:id:JoshuaLyman443:20200425221453j:image

 

このシーン、しばらく会えなくなる花澤日奈々と綾瀬楓。意を決して日奈々は楓の家に行くが、この花澤の殺し文句で落ちない男はいないだろう。私も読んでいてかなりどきりとした。少女漫画ではじめてびっくりしたかもしれない。


f:id:JoshuaLyman443:20200425221826j:image

となりのオトナくん(作・るかな)、新連載で作家さんは以前にも連載作を持っていた人らしいがよくは知らない。主人公の莉々花の笑顔が可愛いのとのっぺりとした日野はなかなか好感が持てた。ギャル系の主人公らしいが今後のストーリーにどういった影響があるのか楽しみだ。


f:id:JoshuaLyman443:20200425222159j:image

(莉々花の笑顔、可愛い)


f:id:JoshuaLyman443:20200425222318j:image
阿部くんに狙われてます(作・岩井あき)、柔道部の阿部一音というヒーローがいるが変わった名前だ、メモしておこう。前回の話を覚えていないので話の流れがどういったのかわからないが、この回を見る限り面白そうだ。主人公のあかりの笑顔もかわいかったので、来月号から追いかけてみよう。

まとめとしては、全体的に質の高い話が多かった。この雑誌は辺り外れが激しいのかもしれない、とりあえず来月号も間違いなく買うだろう、しかしみきもと凜さんの作品が最終回間近というのは少し悲しい・・・。