バンクーバー珍道中

バンクーバーでのワーホリ備忘録

強固な意志

インデペンデントの精神というものは非常に強烈でなければならぬ。のみならずその強烈なうえに持って来て、その背後には大変深い背景を背負った思想なり感情なりがなければならぬ。如何となれば、もし薄弱なる背景があるだけならば、徒にインデペンデントを悪用して、唯世の中に弊害を与えるだけで、成功はとてもできないからである。

夏目漱石 模倣と独立

 

新年の抱負と共に、私としてはバンクーバーにいる間に是非ともVIA鉄道でトロントまで行ってみたいという思いがある。ただ、この道が平坦であり得ないのもまた事実である。3月ないし4月までに1000ドルを貯めなければならないのだ、この間にも何もないことはない。予定は崩れ、予想は裏切られる、私がもっと大規模なストレスに晒されれば簡単にこの計画はご破算となるだろう。それでも私は貫徹することが出来るのか? 祈ることはやめたとはいえ、それでもなおできるのか? コントロールしきることのできない事象に衝突してなお?

まだ始まったばかりだという計画がなんとまあ脆いものの上に成り立っているのかと思うと頭が痛い今日はここまで、それでは。

 

 

 

模倣と独立

模倣と独立