バンクーバー珍道中

バンクーバーでのワーホリ備忘録

私の考えあれこれ

言葉選び

私は極力使う言葉を選んでいる。書くのはもちろん、言う時にはその言葉の持つ意味と、相手がその言葉を受け取った時の反応を考慮して言葉を発するように心がけている。それは「言葉遣いがその人柄を表す」というWorld End Economicaに出てくるリサの言葉を私…

立ち直れるのか? 立ち直るしかない

サムライは、失敗を恥じて腹を切る。それはいさぎよい行為とされてきたが本当は恥をかかえて生きられない「弱さ」なのではないだろうか。そもそも、失敗をしない者はいない。だとすると、失敗をした後でもちゃんと立ち直れる人間こそが本当に強い人間なのだ…

着眼大局着手小局

たまーにだが、フォローしてくれた方のTLで業界論を目にするのだが、議論の内容を確認すると、しばらく総体での変化はないだろうなという結論に達する(個々で“わかっている”人やメーカーは問題なく適応するだろうという前提)――おおむね「正しい答え」を探…

ダブルワークをしない理由

回答は「魔女の宅急便」の森の絵描きさんと一緒で。仕事は好きだが、仕事に追われるのは嫌いなのです。せっかく“普通ではない楽しい人生”を送っているので、能動的に「自分を休ませる・鍛える期間」を設けているだけなのです(才能というものに縁がないなら…

動画作成の受難

作り手側における現代の娯楽産業において(商業漫画やラノベを含む)。「売り上げ」という面でのみ議論・検討を行うことは、すでに感覚的に古い・遅い。「ユーザーさんが娯楽に使える時間は有限である」という観点をもったほうが現代における本質に寄り添う…

やりたい事は正しいのか?

やらなきゃならんと思ったからやったんじゃろう?本当にそれが正しかったのか、最善のやり方だったのか、ときどき反省してみるんじゃな。いずれ、自分で納得できる時が来る パワプロクンポケット7 黒野博士 こっちに来て色々と好き勝手にやってはいるものの、…

不安との戦い

おいおい、具田君。不安なら、練習してもっとうまくなって今のポジションを守り抜こうとは思わないのか? 不安だから練習しないってそれは逆じゃないか。 パワプロクンポケット10 主人公 英語に対しての不安は募り将来の不安は募り、色々と考えこむことが多…

減少と洗練

「減少・消滅」というネガティブさと、「最適化・洗練」というポジティブさは観測者の差異が強い部分ではある(総体では経済的世情が強く影響するが) 御影 最近はやる事が増えすぎて睡眠がまともに取れなくなり体調にも影響が出始めている。おまけにバンクー…

選択と理想

もう一遍繰返して「意識の連続」と申します。この句を割って見ると意識と云う字と連続と云う字になります。こうして意識の内容のいかんと、この連続の順序のいかんと二つに分れて問題は提起される訳であります。これを合すれば、いかなる内容の意識をいかな…

尺度

融通のきかぬ一本調子の趣味に固執して、その趣味以外の作物を一気に抹殺せんとするのは、英語の教室が物理、化学、歴史を受け持ちながら、すべての答案を英語の尺度で採点してしまうと一般である。その尺度に合わせざる作家はことごとく落第の悲運に際会せ…

当たり前

失敗を恐れるってことは、成功するならいいってことだものね? (出典 アオイトリ 黒崎小夜) 動画作成にせよ、英語にせよ、こういった当たり前の考え方が欠落すると自分の視野が狭くなっているなと頭を掻く。 狭くなり狭くなり、針の先程の狭さになってしま…

胃を割くような痛み

環境や才能や時代じゃないんですーーそんなものは、いつでもどこでも、誰でもいい訳にできます。そんな、自分も騙せない嘘をつくべきじゃないんです。この世界に生まれて幸せになりたい。その想いだけはみんな、絶対に持っているはずなんですよ。絶対に絶対…

部屋の掃除

今日は死ぬか生きるかの問題は大分超越している。それが変化してむしろ生きるか生きるかと云う競争になってしまったのであります。生きるか生きるかと云うのはおかしゅうございますが、Aの状態で生きるかBの状態で生きるかの問題に腐心しなければならないと…

奇妙な考え方の実践

しかしこの開化は一般に生活の程度が高くなったという意味で、生存の苦痛が比較的柔げられたという訳ではありません。ちょうど小学校の生徒が学問の競争で苦しいのと、大学の生徒が学問の競争で苦しいのと、その程度は違うが、比例に至っては同じことである…

楽な道

つまるところは人間生存上の必要上何か仕事をしなければならないのを、なろう事ならしないで用を足してそうして満足に生きていきたいというわがままな了簡、と申しましょうかまたはそうそう身を粉にしてまで働いて生きているんじゃ割に合わない、馬鹿にする…

イミテーションとインデペンデント

先輩が今まで踏んで来た経路を自分も一通り遣らなければ茲所に達せられないような気がする如く、日本が西洋の前に出ると茲処に達するにはあれだけの経路を真似て来なければならない、こういう心が起こるものではないかと思う。また事実がそうである。しかし…

「成功」の定義付け(それに伴う雑感)

仮令その結果は失敗に終っても、その遣ることが善いことを行い、それが同情に値いし、敬服に値いする観念を起こさせれば、それは成功である。そういう意味の成功を私は成功といいたい。 夏目漱石 模倣と独立 賞賛に値する失敗があり、唾棄すべき成功がある。…

良し、悪しき、というもの

そうして旨く往けばあの人は成功したといわれる。成功したというと、その人の遣口が刷新でもなく、改革でもなく、整理でもなくても、その結果が宜いと、唯その結果だけを見て、あの人は成功した、なるほどあの人は偉いということになる。 夏目漱石 模倣と独…

強固な意志

インデペンデントの精神というものは非常に強烈でなければならぬ。のみならずその強烈なうえに持って来て、その背後には大変深い背景を背負った思想なり感情なりがなければならぬ。如何となれば、もし薄弱なる背景があるだけならば、徒にインデペンデントを…

新年の抱負

要するにイミテーションというものは人の真似をする。それだから自分に標準はない。あるいはあっても標準を立て通すだけの強い猛烈な勇気を欠いているか、どっちかなのである。 夏目漱石 模倣と独立 新年の抱負が、抱負になるのかそれともただの大言壮語に終…

悪人に相対してなお

その人を許す必要はないかもしれないけど、自分のことは許してあげて アマツツミ 水無月ほたる 自分にとって許せない人間に相対して尚、その人間を殺したいと思って尚、私は短絡的な行動を犯すべきではない。否定をすることによって自分が肯定される、という…

コミュニケーションの日曜日(愚痴注意)

さて、というほどもなく。(今日の話題は愚痴になります。見たくない方はスクロールをしないか、ページジャンプをしてください) 今日は私がイカレていると予想していた日本人と一緒に仕事をしたが、かなりのイカレ具合だった。 サラダを洗って、とお願いさ…

スケジュールの乱れ

勇気とは、それがあれば何物も恐れないでいられる何かではなく、重圧の下での優雅さのことらしい。 World End Economica2 ハル またスケジュールが崩れてきた。原因は睡眠の過剰な取りすぎ(10時間)とやる気の減衰なんだが、せっかくスケジュール表を作った…

カフェで働く日本人の同僚に対する私の私見

これらの人は自己の主張を守るの点において志士である。主張を貫かんとするの点において勇士である。主張の長所を認むるの点において智者である。他意なく人のために尽くさんとするの点において善人である。ただ自他の関係の関係を知らず、眼を全局に注ぐ能…

失敗への予防線

成功を独り占めするよりかは、失敗を分かち合ってくれた方がトータルでプラスのような気がします。成功をするのが難しいという事は、失敗は容易だという事ですから WORLD END ECONOMICA2 ハル 年末も迫り、カナダでの仕事に一応の区切りがつきそうなのでそろ…

個人の意思主張

近頃自我とか自覚とか唱えていくら自分の勝手な真似をしても構わないという符徴に使うようですが、その中にははなはだ怪しいのがたくさんあります。あれらは自分の自我があくまで尊重するような事を云いながら、他人の自我に至っては毫も認めていないのです…

ぼんやりとした精神への向き合い方

腹の中の煮え切らない、徹底しない、ああでもありこうでもあるというような海鼠のような精神を抱いてぼんやりしていては、自分が不快で仕方ないか知らんと思うからいうのです。 夏目漱石 私の個人主義 漠然と、自分がどうしたいのか分からない時にはこういっ…

そろそろ100記事

想いは秘めるものではなく、伝えるものです。物事をより良くしようとするなら、それを正しく言葉にするべきなんです。そこから始めましょう。 (出典 アオイトリ 海野あかり) そろそろブログに書いた記事が100記事に迫ろうとしている。2ヵ月に満たない日数…

挑戦へ支払うべき対価

予想外に損は出たけど、吹き飛ぶようなものじゃない。俺だって、初めて大きな損をしたときは胃がねじ切れそうだったよ。でも、それを乗り越えられないんだったら、投資はやめるべきだ。 World End Economica 02 ハル 私は何か新しい事を始める時にこの言葉を…

純粋悪が自分より強力だった場合どうすればいいのか?

「それでいいの。私があなたにして欲しいのは、あの子を認めること」 「認める?」 「そう。人の存在なんてとても儚いものよ。古い古い妖精譚などにあるじゃない。その要請は人々に存在を意識されることで存在し続けることができる」 「人々がその妖精の存在…